VENTENY、SBIインベストメント等から総額約2.6億円の資金調達の実施

December 13, 2017 by VENTENY PRESS

~「福利厚生×FinTech」を東南アジアNo.1のプラットフォームへ~

フィリピン共和国を中心に福利厚生を切り口としたFinTechプラットフォームを提供するVENTENY Pte. Ltd. (本社:シンガポール、Founder and CEO:和出 潤一郎)は、東南アジアで唯一の福利厚生×FinTechサービスにおける本格展開とプラットフォームシステムの開発加速及び体制強化に向け、SBIインベスメント株式会社が運用するFinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合、SV-FINTECH1号投資事業有限責任組合、谷家衛氏、高野真氏等を割当先とする総額約2.6億円の資金調達の実施したことをお知らせ致します。

1. VENTENYの概要VENTENYは、シンガポールに本社を構え、2015年4月、フィリピンにて企業向けの福利厚生アウトソーシングサービス事業を開始しました。サービス導入先の従業員はVENTENYが提携した約500の施設や店舗において特典・割引ができることで企業と従業員の満足度を高め、同時に入手したデータを活用して、優良な借り手に直接貸し付けを行う従業員向けローンサービスを展開しており、急速に成長をしております。

2. 市場環境東南アジア諸国では、日本に比べ、従業員が、家族の進学や医療ケアなどの事情で急に資金が必要となる状況が非常に多く、その度に、仕事内容や働き甲斐などではなく、単純に給与の金額のみで転職をする傾向が多く見られます。そのため企業としては、どのように従業員に働き続けてもらえるかが大きな課題となっています。VENTENYでは、日本的な福利厚生サービスに併せて、従業員向けの金融・レンディングサービスを提供することで、その課題を解決することができると考えております。

3. 本資金調達の背景VENENYは、これまで、経営基盤の強化及びプラットフォームシステムの構築と並行し、フィリピンを代表する銀行、コールセンター、IT企業や、従業員約80万人を有するフィリピンコンタクトセンター協会(CCAP)と提携し、様々なサービスを提供してまいりました。そこで、昨今の急速なビジネスの成長を背景に、さらなるASEAN各国での事業機会の拡大を目指し、この度の資金調達を実施しました。VENTENYでは今後も、従業員向け金融事業におけるサービスのより一層の付加価値向上に取り組み、引き続き、東南アジア諸国への展開と更なるサービス拡大に向けてより一層精進してまいります。



VENTENY Pte. Ltd.
CEO and Managing Director: 和出 潤一郎
設立:2016年8月5日
所在地:80 Robinson Road #10-01 Singapore (068898)

VENTENY INC.
Founder and CEO:和出 潤一郎
設立:2015年2月23日
所在地: 3F 812 A. Arnaiz Ave. San Lorenzo Village, Makati City, 1229, Philippines

お問い合わせ:
contact@venteny.com I +632 833 3453